インストール方法

for version 1.0.x

Atom xAIML開発サポートパッケージ xaiml-editor のインストール手順です。

動作環境についてはこちらをご参照ください。

Atom インストール

既に Atom 1.13.0 以降がインストールされている場合は②の手順に進みます。

  1. AtomのWebサイト https://atom.io/ からインストーラーをダウンロードします。

  2. ダウンロードしたインストーラーを実行します。

xaiml-editor インストール

Atomに本パッケージ xaiml-editor をインストールします。

  1. Atomが起動します。
  2. メニューから Preferences(環境設定) を選択し、設定画面を開きます。
  3. 画面左のメニューからInstall を選択し、 検索欄に xaiml-editor と入力して検索を行います。
  4. 検索結果一覧の中から xaiml-editor を選択し、インストールを行います。
  5. インストール完了後、Atomを再起動します。
    起動時にコミュニティーパッケージ linter とその関連パッケージのインストールが行われます。

xmllint インストール

xaiml-editor が構文チェック機能で使用する実行モジュールをインストールします。

  1. 初めに xmllint のインストール及び環境変数の設定状況の確認を行います。

  2. コンソール画面で xmllint --version と入力し、実行します。

  3. 出力結果に libxml version ... が含まれており、バージョンが 20708 以上の場合は、適正バージョンの xmllint がインストール済みです。

    ※version 20708 動作確認済み

  4. 出力結果に libxml version ... が含まれていない、もしくは libxml のバージョンが 20708 未満だった場合は、下記の手順を参考に xmllint のインストールを行います。

WindowsMacOSLinux
  1. http://xmlsoft.org/sources/win32/ または ftp://ftp.zlatkovic.com/libxml/ から以下のファイルをダウンロードし展開します。

    • libxml2-2.7.8.win32.zip
    • iconv-1.9.2.win32.zip
    • zlib-1.2.5.win32.zip
  2. 展開したファイルの中から以下のファイルを任意のフォルダ(例:C:toolslibxml)に配置し、配置したフォルダのパスを環境変数 PATH に設定します。

    • xmllint.exe
    • libxml2.dll
    • iconv.dll
    • zlib1.dll
  3. コマンドプロンプトで xmllint --version と入力し、出力結果に libxml version ... が含まれていることを確認します。

  • 補足: 環境変数 PATH が使用できない場合

    環境変数 PATH がサイズオーバーなどにより使用できない場合、xaiml-editor の設定画面で xmllint.exe のパスを指定します。

    以下、設定手順です。

    1. Atomのメニューから Preferences(環境設定)を選択し、設定画面を開き、Packages ページを表示します。

    2. Community Packages リストにある xaiml-editor の Settings ボタンを押下します。

      ※ オレンジ枠部分

    3. Settings の Xmllint Executable Path に xmllint.exe のパスを入力します。

      例: C:toolslibxmlxmllint.exe

      ※ 青枠部分

  1. https://brew.sh/index_jaからHomebrewをインストールします。

  2. ターミナルでbrew install libxml2と入力し、libxml2をインストールします。

  3. ターミナルでxmllint --version と入力し、出力結果に libxml version ... が含まれていることを確認します。

  1. コンソールでapt-get install libxml2-utilsと入力し、libxml2-utilsをインストールします。

  2. コンソールでxmllint --version と入力し、出力結果に libxml version ... が含まれていることを確認します。

インストールは以上で完了です。