汎用CGS

汎用CGSは、xAIMLから外部APIを利用するCGSです。

サービス名

multicgs

リクエストパラメータ

汎用CGSにリクエストを送信する際のパラメータです。

名称 必須 解説
request JSON リクエストをJSON形式で指定します。
type string レスポンスパラメータのbodyタイプを指定します。

request

リクエストをJSON形式で記述します。JSONの内容は下表のとおりです。

パラメータ名 必須 解説
method string GETPOSTDELETEPATCHを指定します。
url string 接続先のURLを指定します。
header string HTTPヘッダを指定します。(複数指定可)
body string 接続先のリクエストパラメータを指定します。

type

レスポンスパラメータのbodyタイプを指定します。指定できるタイプは下表のとおりです。

タイプ 解説
JSON レスポンスパラメータのbodyJSONオブジェクトが設定され、<get>で値を取得できます。

レスポンスパラメータ

汎用CGSのレスポンスを受け取った際のパラメータです。

名称 必須 解説
body string 返却されたJSON形式のレスポンスです。
remote_status string HTTPステータスコード

使用例

汎用CGSを使用するためには<ext>を使用します。

xAIML

実行結果

ご注意

リクエストパラメータのtypeを指定しない場合、レスポンスパラメータのbodyJSON文字列がそのまま設定されます。
その場合は<predstore>を介して、JSONオブジェクトから値を取得します。