チャットボットに天気検索スキルを実装しよう

このチュートリアルでは、チャットボットに天気検索スキルを実装します。

このチュートリアルは、「チャットボットを作ろう」が完了していることを前提としています。
ご注意

天気検索に利用するAPIは、SUNABAではなく外部のサービスを使用します。
チュートリアルを進める前に、必ず外部サービスの利用規約をご確認ください。

天気検索スキルを作成しよう

天気検索スキルを担当するボットを作成します。

作業手順

  1. ボット作成画面で「WeatherBot」という名前のボットを作成します。
  2. シナリオ設定画面で「<sraix>による呼び出し」の設定を「project」に変更します。
  3. 作成したボットに天気検索スキルを記述したシナリオ(WeatherSkill.aiml)を登録します。
  4. 作成したボットのシナリオをコンパイルして転送します。
  5. シナリオで使用するエリアマップ(area.map)を登録します。
    ※登録方法はこちらをご覧ください。

スキルコントローラに組みこもう

スキルコントローラに、天気検索スキルを組み込みます。

作業手順

  1. スキルコントローラボットに、天気検索スキルを持たせるシナリオ(WeatherSkillController.aiml)を登録します。
  2. 作成したボットのシナリオをコンパイルして転送します。

動作を確認しよう

Webシナリオテストツールで動作確認します。
(Postmanをご利用になる場合は、Postmanのタブを押下してください)

WebシナリオテストツールPostman
  1. Webシナリオテストツールを起動します。
    シナリオテストツール
    Webシナリオテストツールの使用方法はこちらを参照。
  2. voice textに、「明日の仙台の天気は?」を入力し、Sendを押下します。
  3. レスポンスに「明日の仙台の天気は曇のち晴です。」等、天気が含まれていれば成功です。
  1. Postmanからシナリオ対話APIに、以下のJSONを送信します。
  2. レスポンスのsystemTextに天気が含まれていれば成功です。