LoopMaster

LoopMasterは繰り返し処理や、<srai>と組み合わせて制限回数の設定などに使用することができます。
また、LoopMasterが管理する情報はボット間で共有されるため、複数ボットを連携する際に役立ちます。

関数一覧

利用できる関数の一覧です。関数をクリックすると、関数の詳細へジャンプします。

関数 概要
#NEW name limit ループインスタンスを作成します。
#NEW name limit continue break ループの継続と終了の文字列を指定してループインスタンスを作成します。
#LOOP name ループ処理を行います。
#DELETE name ループインスタンスを削除します。

関数詳細

#NEW name limit

ループインスタンスを作成します。

パラメータ

  • name ループインスタンスの名称。
  • limit ループ回数。

戻り値

  • 作成したループインスタンスの名称。
Example

ループインスタンスを作成する例です。

xAIML

実行結果

#NEW name limit continue break

ループの継続と終了の文字列を指定してループインスタンスを作成します。

パラメータ

  • name ループインスタンスの名称。
  • limit ループ回数。
  • continue ループ継続時に返す文字列。
  • break ループ終了時に返す文字列。

戻り値

  • 作成したループインスタンスの名称。
Example

ループの継続と終了の文字列を指定してループインスタンスを作成する例です。

xAIML

実行結果

#LOOP name

ループ処理を行います。

関数の呼び出し時点のループ回数がlimit未満の場合はcontinueを返し、それ以外の場合はbreakを返します。
continuebreakの値は、インスタンス作成時に指定することができます。

パラメータ

  • name ループするインスタンスの名称。

戻り値

  • continueまたはbreak
    インスタンス作成時に値を指定した場合は、その値を返します。
Example

ループ処理を行う例です。

xAIML

実行結果

#DELETE name

ループインスタンスを削除します。

パラメータ

  • name 削除したいループインスタンスの名称。

戻り値

  • OK
Example

ループインスタンスを削除する例です。

xAIML

実行結果

使用例

クイズの回答回数の制限に、LoopMasterを使用した例です。
ユーザが3回間違えるとゲームオーバーになります。

xAIML

実行結果

1回目で正解した場合

3回間違えた場合