汎用CGS

汎用CGSを使用することにより、外部サービスにリクエストを送ることが出来ます。

サービス名

multicgs

リクエストパラメータ

汎用CGSにリクエストを送信する際のパラメータです。

名称 必須 解説
request JSON リクエストをJSON形式で記述します。

request

リクエストをJSON形式で記述します。
JSONの内容は下表のとおりです。

パラメータ名 必須 解説
method string GET/POST/DELETE/PATCHを指定します。
url string 接続先のURLを指定します。
header string HTTPヘッダを指定します。(複数指定可)
body string 接続先のリクエストパラメタを指定します。

レスポンスパラメータ

汎用CGSのレスポンスを受け取った際のパラメータです。

名称 必須 解説
body string 返却されたJSON形式のレスポンスです。
remote_status string HTTPステータスコード

使用例

汎用CGSを使用するためには<ext>を使用します。

レスポンスは、JSON形式で返却されます。
また、レスポンスのJSONから情報を取得するには、<predstore>を使用します。

xAIML

実行結果