ユーザー辞書画面

ユーザー辞書画面では、GUIエディターで利用するユーザー辞書の追加や編集、削除を行えます

ポイント

ユーザー辞書はユーザー発話ボックスから簡単に使用することができ、YESNOの返答や挨拶など、頻繁に現れる表現を登録しておくと、シナリオの作成効率が向上し、さらにシナリオの内容を統一することができます。

ユーザー辞書画面を表示する

操作手順

  1. メニューのユーザー辞書を選択するか、ボット管理画面の「ユーザー辞書」ボタンを押下してください。

ユーザー辞書を追加する

操作手順

  1. 「グループ追加」ボタンを押下してください。
  2. グループ情報を入力し、「作成する」ボタンを押下してください。
    グループの編集方法についてはこちらをご覧ください。

ユーザー辞書を編集する

操作手順

  1. 編集したいグループ名を押下してください。
  2. ユーザー辞書を編集し、「反映する」ボタンを押下してください。
    グループの編集方法についてはこちらをご覧ください。

ユーザー辞書を削除する

操作手順

  1. 削除したいグループの「削除」ボタンを押下してください。

ファイルアップロード

操作手順

  1. 「ファイル読込」ボタンを押下してください。
  2. ユーザー辞書ファイル仕様に準拠したユーザー辞書ファイルをアップロードしてください。

グループ編集画面

グループ編集画面の入力項目の説明です。

グループ名

グループの名称です。

正規化モード

ユーザー発話ボックスでユーザー辞書を使用した際の、正規化モードを指定します。
各正規化モードの動作は下表をご覧ください。

正規化モード マッチングレベル 部分一致 説明
surface 読み・品詞 する 単語リストに登録された「別の言い方」が、ユーザー発話に含まれている場合にマッチします。

マッチング例
別の言い方に「りんご」を登録した場合、ユーザー発話の「りんご」「リンゴ」「林檎」や、「りんごが食べたい」にマッチします。

exact 完全一致 しない 単語リストに登録された「別の言い方」と完全一致する場合のみ、マッチします。

マッチング例
別の言い方に「りんご」を登録した場合、ユーザー発話の「りんご」にはマッチしますが、「リンゴ」や「林檎」、「りんごが食べたい」にはマッチしません。

ご注意

ユーザー発話ボックスの一致機能が「読み(部分一致)」であっても、ユーザー辞書の正規化モードがexactの場合は、ユーザー辞書の設定が優先されます。

単語リスト

グループに登録された単語の確認と、変更を行います。

ご注意

「別の言い方」に登録した単語のみ、マッチングに使用されます。

入力例

単語名「はい」に別の言い方「OK」「YES」「そうだね」「はい」を登録する例です。