シナリオテストツール画面

シナリオテストツール画面では、作成したボットのシナリオを確認できます。

ユーザ発話とシステム発話のパターンを登録することで、シナリオのテストを実行できます。

ご注意
GUIエディタで作成、もしくはトピック名を指定したシナリオでは正常に動作しない場合があります。
ポイント
ユーザ発話とシステム発話のパターンは複数登録できるので、一度に連続してテストを行えます。

シナリオテストツール画面を表示する

操作手順

  1. メニューの「システムテストツール」を押下してください。

テスト内容を編集する

操作手順

  1. 「編集」ボタンを押下してください。

  2. テストエディターでテスト内容を編集してください。
    編集方法はこちらをご覧ください。
    ご注意
    テスト内容は、「<ユーザ発話><タブ><システム発話>」の形式で記載してください。

  3. 「アップロード」ボタンを押下してください。

  4. シナリオテストツール画面を表示すると、テスト内容が表示されます。

ファイルアップロード

ご注意
ファイルをアップロードすると既に存在する内容が破棄され、アップロードしたテスト内容に置き換わります。

操作手順

  1. 「ファイル読込」ボタンを押下し、シナリオテストファイル仕様に準拠したファイルをアップロードしてください。

  2. テスト内容が直接アップロードされ、シナリオテストツール画面に表示されます。

テストを実行する

操作手順

  1. テスト内容を編集後、「テスト実行」ボタンを押下してください。

  2. 回答率、テスト実行日時、システム発話の出力内容、期待出力との正誤結果が表示されます。
    回答率とテスト日時については、テストを行う毎に追加されます。

テストエディターの使い方

テストエディターでは、テスト内容をブラウザ上で直接編集することができます。
シナリオテストファイルの記述方法は、シナリオテストファイル仕様をご覧ください。

clear

「clear」ボタンを押下すると、編集中の内容をクリアできます。

ファイル読込

「ファイル読込」ボタンを押下すると、編集中の内容に指定したファイルの内容を反映できます。
指定するファイルは、シナリオテストファイル仕様に準拠する必要があります。

アップロード

「アップロード」ボタンを押下すると、編集中の内容を保存できます。

ダウンロード

「ダウンロード」ボタンを押下すると、編集中の内容をダウンロードできます。